産後のダイエットは大変!!。でも間違ったダイエットは更に体を太くします。普通のダイエットとは違う産後のダイエットのポイントを綴ります。



スポンサードリンク



カテゴリー



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


産後の下腹部のおなかダイエット
産後の気になるおなか・・・ダイエットしたい。

産後のダイエットに最適なエクササイズで下腹部をスリムにできるおなかダイエットがあります。
軽めに椅子に腰掛けて、足を組みます。
両手をテーブルにつけて、椅子とテーブルの間隔を開け気味にしてから、背中を丸めてみてください。
両手をテーブルについた状態をキープしたまま、組んだ足の膝が胸の辺りまでくるよう引き上げます。
下腹部のあなかダイエットには、太ももとおなかをピッタリくっつけることがポイントです。
ゆっくり戻して1セット。足を組み替えて各5~10セットを頑張りましょう。
これは椅子に座って行うことを前提としたダイエット運動ですが、同じ要領の運動を、仰向けになって両膝を抱え、膝と胸を引き寄せる運動をしてもいいでしょう。

産後のダイエットで下腹の運動をする時に大事なことは、下腹の筋肉にきちんと力を入れるという点です。
猫背気味の姿勢はおなかの筋肉も緩ませやすいので、あえて運動をする以外にも、日常的な意識から入れ替えていきましょう。
立つ時はあごを引いて背筋をピンと伸ばし、スマートに見えるように腹筋を常に緊張させましょう。
日頃の心がけで姿勢を直すことだけで外見的な印象もぐっと若々しくなります。
筋トレにもなりますので、座っている時も背筋や腹筋の意識は続けてください。

掃除機を使う場合は、腰を落とし気味に、ホースを短く持つことも効果的です。おなかダイエットという観点から考えると、座った姿勢で腹筋に力を入れると太ももとおなかの相互作用で筋肉が鍛えられ、状態をひねるだけで脇腹の運動にもなります。

産後ダイエットはやりたくてもは赤ちゃんに付きっ切りで何かと時間がありません。
日常生活の中で、上手に産後ダイエットをがんばってみてください。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット&ビューティー - ジャンル:ヘルス・ダイエット


標準体重
ダイエットもやりすぎては体を壊すだけです。

自分にあった体重や体系をしることが大切です。

そこで基準になるのが標準体重です。
標準体重とは、ヒトが肥満でもやせでもなく、一定期間内の死亡率や罹患率が有意に低いなど、最も健康的に生活ができると統計的に認定された理想的な体重のことであり、年齢・身長・体脂肪率といった要素の全部、あるいは一部から求めるものである。用途によっていくつかの方法があります。理想体重とも言う。

BMIによる方法
BMI(body mass index)法によって、BMI=22となるような体重を身長から求めたものが、その人の理想体重である、と考える方法であり、標準体重は

標準体重(kg) = 身長(m)2 × 22

で得られる。広く世界的に採用されている。体脂肪率は考慮されない。

Rohrer指数による方法
標準体重(kg) = 身長(m)3 × 13

で計算される値であり、学童期の子供に適用される。

より簡便な方法
日本で簡易に用いられてきた算出方法は、(身長-100)×0.9=標準体重
男性、もしくは身長の高い女性には、身長から110を引いたものを標準体重の目安とする、より簡易的な算出方法もある。




産後ダイエットを成功させるコツ
産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。
実際の年齢より老けて見られたり、おなかのぽっこりが戻らないなどお悩みも様々です。
妊娠中は、運動はもちろん、ちょっと体を動かすこともなかなかできなくなります。
そして、お腹が大きくなるため、ひとつひとつの動作がゆっくりになり、体をねじることもしにくくなります。
すると、当然筋肉の量も減りますので、基礎代謝が悪くなりカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
なおかつ、骨盤が開いた状態にあるので、お尻が大きくなる原因や、下腹部が出たりします。
産後ダイエットでは、早くもとの体型に戻したい気持ちはわかりますが、無理は禁物です。
無理なダイエットに手を出してしまうと、体調を崩したり、基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
だから、基礎代謝を元に戻す努力をしないまま、摂取カロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
はじめに、食事はちゃんと3食摂ります。ただし、過食や間食には注意です。
それから、開いた骨盤を締めるためにコルセットやサポーターをつけましょう。ウエストをきつく締めるのではなく、骨盤の上に巻くような感じがいいと思います。
産後は体の回復も考えて、2~3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ


産後ダイエットは姿勢を正すところから
産後ダイエット、あなたはどのようにしているでしょうか?
妊娠前の服が着れないとか、二の腕が太くなったなど、お悩みも色々です。
妊娠中は、運動はもちろんのこと、体を動かすこと自体が制限されてしまいます。
そして、お腹が大きくなるので、体をねじったりもしにくくなるし、行動もゆっくりになります。
すると、当然筋肉量も減り、基礎代謝量が下がるので、カロリーが消費しにくくて太りやすい体質になってしまいます。
しかも、骨盤が開いた状態になるので、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後のダイエットでは、どうしてもあせってしまいがちですが、無理をしてはいけません。
基礎代謝を低下させて、さらに太りやすくなったり、体調をくずしてしまったりします。
しがって、基礎代謝を元に戻さずに、摂取カロリーだけをカットするようなダイエットはいけません。
食事はカロリーを気にするより、バランスよく食べるようにします。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
産後は体の回復も考えて、2~3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。


産後のダイエット マタニティースポーツのすすめ

産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。
出産後しばらく経つのに、お腹が出たのが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。
それから、お腹が大きくなるせいで動作がゆっくりになるし、体をねじったりもしにくくなります。
そうしていると、筋肉量が落ちますので基礎代謝が下がってしまい、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後は、「早く元の体型に戻したい!」とあせる気持ちはわかりますが、無理は禁物です。
無理なダイエットをしていると、後々体調をくずしたり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。
妊娠中はなるべく代謝を落とさないように、マタニティースポーツをしたりすると、大きく体型を崩すことも少なくなります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。